車売却 ローン

ローンが残っている車でも売却できる?

車を売却したいのに、オート(マイカー)ローンなど、まだまだ残債がある、という場合も、諦める必要はありません。いくつかの条件を満たすことによって、中古車買取会社に買い取ってもらうことが可能となるからです。

 

自分が名義本人となっている場合(現金による購入や、銀行・農協・漁協・フリーローンなどでローンを組んだ、など)、一括返済は不要です。買取会社が、代金からマイナスして、残債を返済してくれるからです。

 

ただし、査定額よりも残債額のほうが大きい場合は、買取会社に対して、不足分を現金で支払う必要があります。その場合、現金が不足しているときに、買取会社が紹介するクレジット会社でローンの組み換えをすることも可能です。クレジット会社とあらたに契約を結び、ローンを支払っていくかたちとなります。

 

注意しなくてはならないのは、名義が自分ではないときです。ディーラーなどでローンを組んでいる場合、返済が完了するまで、名義は、ディーラーか、クレジット会社のままとなっているのです。

 

何年も乗っていると、すっかりマイカー=自分のもの、という意識になってしまうものですが、車検証に記載されている「名義」は、誰のものとなっているか、まずは確認することも大切。

 

“他人”名義の車を、勝手に売却することはできません。残債がある場合は、現金によって、ディーラーやクレジット会社に残債の一括返済をする必要があります。

 

クレジット会社への返済を完了したら、その後、車の所有者を、クレジット会社から自分名義とする所有権解除の手続きをしなくてはなりません。

 

所有権解除の手続きに必要な書類は、次のとおりです。

 

・印鑑登録証明書(発行から3カ月以内)
・車検証
・実印
・ディーラーの委任状(名義がディーラーのため)をもらう
・自動車納税証明書

 

書類をもっていけば、ディーラー、買取会社ともに所有権解除の手続きをしてくれますが、代行手数料を請求される場合もあります。