軽自動車 売却

軽自動車を売却する際に気をつけるべきこと

軽自動車は、普通乗用車と比較すると、価格が安価。メンテナンスに始まって、税金や燃料費、高速代、車検も、圧倒的に安くすむのが特長です。特に地方では、セカンドカーや、女性の通勤の足としてもおなじみですね。

 

さて、軽自動車の売却を決意したら、どこに依頼しますか?次なる車を購入するために、ディーラーに下取りを依頼するのでしょうか。

 

ディーラーに依頼したことがある方ならご存知かと思いますが、ディーラーに下取りを依頼すると、手続きから何から、ほとんどすべてをディラーの担当者がやってくれますから、とても楽です。

 

お客さんは、言われた通りに書類の準備をし、署名・捺印をするだけ。ディーラーにしても、ストレスのない楽なお客さん、ということになります。

 

ディーラーには、決められた下取り価格をアップさせることができない分、新車の購入代金を値引きしてくれるサービスがあります。一見、お得に見えますが、実は、その値引き分が、下取り額の低さに反映しているケースがほとんどだとしたら…。ちょっと聞き流せませんね。

 

そのあたりが気になる方におすすめの方法は、中古車査定サイトの利用です。中古車査定サイトでは、サイトに登録すれば、複数の業者から一括して見積もりを取ることができます。

 

さらに、無料で中古車買取業者の出張査定を受けることができます。訪問査定に訪れた業者への対応は必要ですし、何社も相手にするのですから、多少の
手間はかかります。

 

けれど、現在、自分の車がどの程度の価値を持って売り買いされているのか、生きた情報を持っているのが、全国にネットワークを持っている中古車買取業者です。ディーラーの下取り額との比較もできますから、利用することをおすすめします。

 

地方では軽自動車の需要は高く、引っ張りだこ状態です。査定をとってみたら、下取りの金額や新車購入のサービス額を考えても、はるかに手元に残るお金が多くなった、というラッキーな事態が起きることも少なくありません。