自動車 バイク

自動車とバイクのエンジン

バイクのエンジンは、自動車と同様、燃料であるガソリンを燃やすことで動力を得ることができます。詳しく言うなら、ガソリンと空気を混ぜたものに火をつけて燃やし、燃焼するガスが膨張する力を利用して走っています。

 

ガソリンから「熱エネルギー」を得て、動力となる「機械的ばエネルギー」を取り出す構造となっているのです。このように、熱エネルギーを機械的なエネルギーに変える、つまり、熱から動力を得る装置を熱機関と呼びます。

 

熱機関には、内燃機関と外燃機関があり、燃料の燃やし方で分けています。

 

自動車やバイクのエンジンのように、燃料を内部に閉じ込めて燃焼させるのが内燃機関で、燃料そのものが燃料ガスとなり、動力を生み出します。小型で軽量なうえに、効率よくパワーに変えられるのですが、使える燃料が限られてしまう欠点があります。

 

これに対して外燃機関は、燃料を外で燃やして、内部の気体に熱を与えて仕事をさせます。例えば、石灰などを燃やし、水蒸気の膨張する力を使う蒸気機関などが主な例です。

 

外燃機関の欠点は、小型軽量化が難しいことなどが挙げられますが、気体、液体、固体など様々な燃料を使えることがメリットで、特殊なものでは原子力も外燃機関に分類されます。

 

蒸気機関の自動車やバイクなどは想像も出来ませんが、19世紀には実際に蒸気機関も積んだ車やバイクが作られていました。しかし、すでに実用レベルに達していた蒸気自動車とは異なり、蒸気車や蒸気バイクなどは普及するまでには至りませんでした。

 

大きくて重い蒸気機関を車やバイクに積むことは問題も多く、当初から内燃機関であるエンジンを積むようになったのです。

 

昔、戦争の影響で燃料不足に陥った日本では、木炭を燃料にした「木炭バス」が走っていました。木炭を燃料にして蒸気機関を動かすのではなく、木炭を蒸し焼きにして一酸化炭素を発生させて、エンジンの燃料にするものでした。

 

エンジンの燃料というガソリンなどの液体燃料を想像しますが、内燃機関の燃料にはガスも使われています。現在でも、身近な所では、多くのタクシーでLPGが多く使われており、一部ではCNGも利用されています。