車 売る 必要書類

車を売る際に必要な書類

車が売却契約の段になったときに必要な書類は、次のとおりです。

 

1.車検証(自動車検査証)

車が自分のものであることを公的に証明するものですし、点検などの際に提出を求められる場合も多いことから、車内の保管が義務づけられています。車検証に記載されている所有者と使用者が異なったり、法人名義の場合など、必要書類が異なることもあります。

 

紛失の場合、運輸支局で再発行の手続きをします。以下、必要書類です。

 

・使用者の委任状 *使用者の認印の押印があるもの
・車検証 *汚損したものが残っている場合
・理由書 *使用者の認印の押印があるもの
・申請者の身分証明書
・手数料納付書
・申請書

 

2.自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)

強制保険の加入証明書。車検証と同様に、車内の保管が義務づけられています。紛失の場合、損保会社や代理店で再発行手続きをします。以下、必要書類です。

 

・自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書
・印鑑
・保険契約者の身分証明証

 

3.自動車税納税証明書

本年度分が必要です。

 

4.印鑑登録証明書

発行から3カ月以内のものが必要です。

 

5.譲渡証明書

車の所有者が新所有者へ譲渡することを証明する書類。実印の押印が必要です。

 

6.委任状

売却するクルマの名義変更手続きを買取業者に依頼するときに必要な書類です。書類は業者が準備し、これに実印を押印します。

 

7.住民票(※不要な場合も)

引っ越しの際に手続きをしなかったために車検証に記載の住所や、印鑑証明書の住所が異なっている場合に使用。1回の引っ越しで住民票、2回の引っ越しでは住民票の除票が必要となります。

 

8.実印

委任状や譲渡証明書への捺印のために必要です。

 

9.リサイクル券

車の所有者が負担するリサイクル料金です。預託していていて券を紛失した場合、「自動車リサイクルシステム」のサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトして使用します。

 

これらのほかに、買い取り代金を振込んでもらう際の自分の口座のメモもお忘れなく。