車 査定基準

車の査定基準とは?

車の査定基準というのは、どのようになっているのでしょうか。

 

ここでは、気になる車の査定基準について、ご説明していこうと思います。

 

車の査定基準ってどうなっているの?

車の査定額を出す際の査定基準は、査定基準価格というものが参考にされています。

 

この査定基準価格というのは、日本自動車査定協会が設定しているもので、毎月査定基準価格が変更されています。

 

査定項目には、内装・外装・足回り・走行距離・年式・タイヤ・整備手帳の有無・車検の残りの期間・オプション・修復歴の有無などの項目が設けられています。

 

これらを実際に確認し、加点や減点を行う事によって、査定価格を決定しているのです。

 

このように、それぞれの買取業者が個別に加点や減点を行いますので、基準価格が決まっていても、どうしても違いが出てしまうということになります。

 

その買取業者の在庫の状況や規模なども大きく影響してくるようです。

 

その中でも高く売る方法は?

上記のように査定基準価格が決まっていても、結局は個々の買取業者によって査定額が異なることになります。

 

その中で、少しでも高く車を売るにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは、一括査定を行ってもらう事です。一括査定を行うと、売りたい車に対し、複数の買取業者からの見積もりを取り寄せる事が出来ます。

 

それぞれの買取業者で査定額が変化するために、より多くの買取業者の見積もりを取り寄せる事で、一番高く買い取ってくれる業者を探す事が出来ます。

 

ただ、他の業者と比べてあまりにも高額すぎる査定額を提示するようなところは、少し注意しなくてはなりません。

 

契約が決まってから後悔するような結果になる可能性があります。

 

一括査定は、忙しくて買取店に足を運べないという方であっても、ネットから一括査定を依頼することが出来ますので、気軽に利用することが可能です。

 

損をしないためにも、より多くの買取業者の見積もりを比較してみることは大切です。