車 査定 注意点

車の査定を依頼する際の注意点

車を査定してもらうのが初めてだという方の場合、様々な不安があるのではないかと思います。

 

そのような方のために、車を査定する際の注意点について、ご説明していきます。

 

車を査定する際の注意点とは

早速ですが、車を査定する際の注意点として、以下のようなものが挙げられます。

 

絶対に嘘はつかないこと

まず、絶対に嘘をついてはいけません。査定の際には査定士の方から、気になる点や修復暦の有無などについて質問されることがほとんどです。

 

この時、車の査定額を上げたいがために、嘘をついてしまうという事は避けなくてはなりません。

 

気になる点があっても隠したり、傷を自分で修復した事を隠したり、そのような事があると、後から痛い目に遭ってしまいます。

 

というのも、嘘をついていたことはすぐにバレてしまいますので、買取金額を返金したり、二度と買い取ってもらえないという事になってしまいます。

 

車の査定に限ったことではありませんが、お互いの信頼関係を築くためにも、嘘はついてはいけません。

 

ある程度の知識をつけておくこと

また、ある程度の知識をつけておくことも大切です。

 

査定士によっては、こちらが知識を持ってないと判断した場合、査定価格を下げてくるような査定士の方もおられます。

 

後で後悔することにならないようにするために、その車の相場や車に関しての知識というものは、ある程度持ち合わせてから査定を依頼することをおすすめします。

 

出来るだけ交渉を行うこと

査定額を上げたくないという方はおられないと思います。出来れば、少しでも査定額を上げたいと考えるのではないでしょうか。

 

当然ですが、査定士の方の言われるがままにうなずいているだけでは、査定額は上がりません。

 

少しでも査定額を上げるためには、交渉するという事が必要になります。

 

交渉とは言っても決して難しい内容ではなく、査定額を提示された際に、「他社では○○万円と言われました」というように、他社を引き合いに出すだけです。

 

「これが限界ですね・・・」と言われるまでは、こちらが積極的に交渉していきたいところです。

 

もちろん、ここでも嘘は禁物です。実際に複数の買取業者に査定をしてもらった上で、査定士の方に交渉するようにしてくださいね。