ディーラー 中古者買取業者

ディーラーと中古車買取業者、どちらが高く売れる?

車を売却するときには、ディーラーに下取りに出す場合と、中古車買取業者に査定を依頼して売却する2つの方法があります。

 

結論からいうと、お得に売却できるのは、断然、後者となります。両者の売却までの流れを簡単に説明しますと…。

 

ディーラーに下取りに出すときは、新車の購入までの手続きを、担当者がすべてやってくれますので、楽ちんですが、下取り額は、評価額(車の下取り価格)によってあらかじめ決められています。

 

ネットの中古車販売サイトなどをチェックして、だいたいこんな金額かな、と想像していた金額よりもかなり低い金額になるかもしれません。「年式と比べてずいぶんキレイでしょ?新車を買うんだからサービスして」などとと文句のひとつも言えば、購入代金の値引き率を上げてくれるディーラーもあるようですが、それ以上は望めません。

 

ところが、中古車買取業者、それも複数の業者を相手にすると、様相はかなり異なってきます。まず、複数の買取会社から査定をとることによって、買取金額の客観的な比較ができます。

 

人気の高い車種・ボディカラーで年式も新しく、かつ、走行距離も少なければ、ディーラーより高額になるのは当たり前。

 

また、中古車買取業者の特徴としては、ディーラーと比較すると、査定の基準が細部にわたって設けられていることが挙げられます。

 

ディーラーが目も向けてくれなかったナビやオーディオ、エアロパーツといった後付けの社外パーツが評価の対象となって、査定額がアップする場合も少なくありません。

 

そのようにして出してもらった査定額をディーラーに示してみても、下取り金額が上がることはありませんから、それでは買取業者に、という結論になるのです。

 

もちろん、相手は複数の買取業者ですから、連絡や向こうからの訪問、交渉など、いくらかの手間はかかります。けれども、それらの業者から、自分が納得した金額で買い取ってくれる業者を選ぶだけですから、最終的に、高額に車を買い取ってもらえる可能性が出てくるのです。